30代から始めるアンチエイジングスキンケア

アンチエイジングにおすすめの基礎化粧品ランキング

30歳を過ぎたらお肌の老化は待ったなしです。お肌の曲がり角を感じ始める20代から始めたい本気の”抗加齢”ケア!

1位アスタリフト

赤(アスタキサンチン)&赤(リコピン)のパーフェクトエイジングケア

年齢を感じ始めた肌に必要なのは、老化を促進させる”活性酸素”を防ぐこと。
アスタリフトには、活性酸素を防ぐ抗酸化成分として、アスタキサンチン、リコピンをWで配合しています。
高い抗酸化作用&美容効果でおなじみのコエンザイムQ10をもしのぐ、今大注目のアンチエイジング成分です。
さらにフジフィルム独自のナノ化技術によって、有効成分のパワーが最大限に引き出されており、浸透力が段違い。

目元のたるみ、輪郭のゆるみ、ほうれい線、マリオネットラインなど、様々な肌老化原因をまとめてケア。

年齢肌もまだまだ蘇ることを証明してくれる一品です。

2位b.glen (ビーグレン)

角層まで成分を浸透&持続させる画期的テクノロジー

年齢肌には高機能成分で積極的なアンチエイジングが必要です。
また、年齢を重ねた肌の悩みは多岐に渡るので、シワ、たるみピンポイントではなく多角的なアプローチをすることで見た目年齢もぐっと上がります。

しかしどんなに優れた成分でも悩みの元に届かなければ意味がありません。

ビーグレンのアンチエイジングラインは、様々なエイジングサインに対応する複数のエイジングケア成分を同時配合させただけではなく、独自の浸透テクノロジーで、肌の悩みに確実に届けると共に、長時間持続させることを可能にしました。
浸透力&持続力でエイジングが進んだ下降気味の肌でも成分の有用性を活かしきることができます。

3位BA RED (ビーエー・レッド)

頬をV字方向へ引き上げ、ピンと引き締まった肌へ

毛穴が涙状になっていたり、押しても弾力を感じないのは頬がたるみ始めている証拠。
そんなエイジングサインを感じたら、POLAのBA REDのリッチ成分が高い威力を発揮します。
頬のたるみは、表情筋の衰えよりも、頬内部の張力コラーゲン構造の崩れが大きく影響します。

BA REDでは、この張力コラーゲン構造に着目。
ハリ感、うるおい感に欠かせない、密度の高い張力コラーゲン構造を目指す技術によって、頬をV字方向にリフトアップ。若々しい印象のある上向き肌に導きます。

4位米肌 (まいはだ)

厚生労働省認可成分で、潤い不足による毛穴トラブルを解決

加齢によって潤いを保つセラミドが減少していきます。
化粧をしても毛穴にファンデが落ちて、どうにも隠せない…そんな方は、慢性的なセラミド不足に陥っているかも。
セラミド不足のお肌は、キメが乱れて毛穴が目立ち、しぼんだ印象に。

コーセーの米肌(まいはだ)は、セラミドを作り出し、水分保持機能を改善する「ライスパワーNo.11」が配合されています。
ライスパワーNo.11は、厚生労働省認可成分で、効果はお墨付き。
潤いをキープするだけじゃなく肌自ら潤いを作り出すという優れモノなのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加