エイジングケアは何歳から?

エイジングケアは何歳から?20代から始めると肌を甘やかす?

エイジングケアは何歳から始めるのがベストなのでしょうか?

今のアンチエイジング化粧品は高機能ですので、シワやたるみなどのエイジングサインが出てから始めても決して遅くはありません。

エイジングケアと言う言葉が気になってきたら、その時がはじめ時と言えるでしょう。

しかし、将来的に目元のシワやほうれい線などを予防したいなら、できればエイジングサインが表れる前から始める方がベストです。

初めからエイジング化粧品をフルラインで使う必要はありませんが、20代から部分的にエイジングケアを始めた方が、10年後、20年後の肌に差が出ます。

早めのアンチエイジングケアはお肌を甘やかす?

あまり早い時期からエイジングケアを始めると、お肌を甘やかしてしまう、と思っている方もいるかもしれません。

リッチな成分に慣れてしまい、肌本来の機能が眠ってしまうと考えてしまうのです。

しかし、多くの美容関係者は、「良い成分を使うことで肌を甘やかしてしまうことにはならない」と言っています。 肌を鍛えるために、あえて必要最低限のスキンケアで済ます、と言う極端な考えもありますが、実際、ほとんど功を奏さないようです。

肌機能には個人差があり、保水能力が高く、少しのスキンケアだけで済む人もいますが、若い時からかなりの乾燥肌に悩んでいる方もいます。

この差を埋めるにはやはり化粧品の力を借りるのが近道です。

20代はお肌の基礎体力があるので、日焼けや乾燥などによるシミ、しわなどの影響も出にくいですが、年齢とともにスキンケアの手抜きが如実にお肌に影響していきます。

年齢によるお肌の老化は誰にでも訪れる避けて通れない道ですが、ケア次第では同年代とかなりの差をつけることも可能なのです。

まずはパーツケアから始めよう

30歳前だと、エイジングケアを始めるのに躊躇があるかもしれませんが、昔より肌悩みが多くなった、と言う方はエイジングケアの始め時です。

目が大きくて疲れやすいから早目にアイケアを始める、極度な乾燥肌だから、今の内にほうれい線や小じわのできやすいパーツのリンクルケアを始める、など、部分的なエイジングケアから始めてみてはいかがでしょうか。 もちろん、何歳からでもエイジングケアをはじめても遅すぎることはありません。

いまさら遅いから…と何もしないでいるのと、年齢肌に向き合ってきちんとケアするのとでは、数年後にはっきりとした違いが表れます。

あの時始めていてよかった、と思えるはずです。

30代の基礎化粧品ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加