シミを美白!ビタミンC誘導体の効果

シミと美白のマスト成分!ビタミンC誘導体の選び方&より効果を上げる方法

bihaku_2_4

若いころはどうということはなかったのに、最近、できてしまったシミがいつまでも薄くならないような気がする・・・。

この原因のひとつには、お肌の新陳代謝であるターンオーバー周期の遅れが考えられます。

ターンオーバーの周期は、20代前半までではおよそ28日間、30代以降になると、徐々にその間隔が広くなって行きます。

ターンオーバーを正常化させるためには、ストレスからの回避や十分な睡眠時間の確保が最も大切であり、長期戦で周期を安定させる努力が必要となってきます。

また、案外見落としてしまいがちなのが、使用している化粧品の種類と使用方法です。

シミの改善には、ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCがお肌に吸収されやすいように改良された成分で、シミを改善する美白効果に優れているといわれています。

ところが、ビタミンC誘導体配合の化粧水などを使用しても、なかなかシミの改善を実感することができないこともあります。

その原因のひとつに化粧品に含まれているビタミンC誘導体の配合量があります。目安としては3%以上配合している化粧品なら、多かれ少なかれ、美白効果を期待することができるでしょう。

天然果汁に含まれているビタミンCは、直接お肌につけてはいけません

bihaku_2_2

ビタミンCといえば、レモン。それならば、レモン果汁を直接お肌につけるのではどう?このような疑問が生じるかもしれませんね。

ですが、これだけは絶対に止めて下さい。 というのは、レモンには酸が含まれており、お肌への刺激が強すぎるからです。

さらに、レモンには「ソラーレン」という成分が含まれており、これが紫外線と結合してしまうと、シミのもとであるメラニン色素を増殖させてしまいます。

レモンにはビタミンCが多く含まれていますが、直性お肌につけるのではなく、食物として摂取し、体内に必要成分を取り込みましょうね。

イオン導入で効果倍増!?

bihaku_2_3

イオン導入とは、お肌に微弱電流を流し、化粧品に配合されている成分を効率よくお肌に浸透させる方法を指します。

これを行うことにより、お肌のバリア機能を突破した有効成分が深部にまで届き、ビタミンC誘導体などが本来持っている力を十分に発揮できることになります。

また、お肌に電流を流すというとなんとなく痛いようなイメージがありますが、そのようなことはありません。

イオン導入はエステティックサロンや美容外科などで受けることもできますが、現在では安価な家庭用イオン導入器も販売されています。

高価な費用をかける前に、そのような家庭用イオン導入器で試してみてもいいと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加