ピーリングを行う際の注意点とは?

ターンオーバーの正常化におすすめのピーリングとは?

otona_nikibi_6

頑固なニキビや吹き出物の解消や、お肌のターンオーバーの正常化に役立つのがピーリングであるといわれています。

ピーリングとは、お肌の表面の角質を薬物によって剥がし、新たなお肌の再生を促すために行うものです。

やり方は、市販品のピーリング剤を用いてセルフで行う方法と、エステティックサロン、美容外科、美容皮膚科などで行っているケミカルピーリングに分類することができます。

そもそも、ピーリングとはなに?

ピールとは、“皮をむく”という意味合いを持っており、表皮の角質層を取り除くために行います。

たとえば、お肌のターンオーバーが遅れると、表皮の角質層が分厚くなり、乾燥肌を招いてシワの原因を作り出します。

表皮の角質層は本来私たちのお肌を外部の刺激から守る働きを持っていますが、分厚くなりすぎてしまうととんでもないお肌のトラブルを招いてしまいます。

それには、ターンオーバーを正常化させていち早く古い角質層を取り除いて新しい角質層に入れ替わらせる必要があります。

それに役立つのが、ピーリングであるというわけですね。

ピーリング剤に配合されているのは大抵フルーツ酸と呼ばれる酸ですが、これがお肌に優しく働きかけ、無理なく表皮の角質層を取り除いてくれます。

ケミカルピーリングとは?

otona_nikibi_6

市販品のピーリング剤よりも強い成分を配合した化粧品により行われるピーリングを指します。

市販品では解決できなかった頑固なニキビや吹き出物の改善に役立ちますが、肌質によっては成分が強過ぎる場合もあります。

また、エステティックサロンなどで行うことのできるケミカルピーリングは、全般的に設定料金が高額となっています。

ピーリングを行うサイクルについて

otona_nikibi_6_4

お肌のトラブルを見つけると、とにかく早急にそれを解決してしまいたいと考える方が多いのではないかと思います。

ところが、ピーリングは頻繁に行えばそれだけ効果の現れ方が早いというものではなく、むしろ頻繁に行い過ぎると大切な表皮の常在菌や皮脂を綺麗サッパリ取り去ってしまうことになり、逆に肌荒れや乾燥を引き起こす原因となることがあります。

一刻も早く問題を解決したい気持ちはよくわかりますが、市販品のピーリング剤を使用するにせよ、エステティックサロンなどでケミカルピーリングを行うにせよ、週1回以上行うことはおススメできません。

特にセルフでピーリングを行う場合には、お肌の様子をこまめにチェックし、乾燥やお肌のツッパリ感が現れるようであれば、2週に1回程度にペースを落として様子を見ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加