洗いすぎは皮脂過剰の危険あり!

ゴシゴシ洗いはNG!毛穴汚れを落とす洗顔の基本

keana_2

毛穴レス肌の第1歩は、正しい洗顔を行うことから始まります。

肌質は数種類に分類することができますが、毛穴の汚れが目立つ脂性肌だからとサッパリタイプのクレンジングや洗顔料で洗うのが必ずしも効果的ではありません。

どの肌質の方であっても、「汚れをしっかり落とす、必要な潤いは残す」と言った基本は変わらないのです。

クレンジング

メイクをしている場合は、洗顔の前にメイクをクレンジング剤でオフします。

毛穴汚れが気になる方はオイルタイプを選びがちですが、できればオイルフリーで洗い流すタイプの製品を選びましょう。

というのは、オイリータイプのクレンジング剤は洗浄力が強いため、毛穴の黒ずみや角栓は取り除きやすくなりますが、他の肌への負担が大きくなるからです。

また、クリーム、ミルクタイプのものは負担なくメイクを落としてくれますが、全般的に洗浄力が弱い製品が多いため、しっかりメイクを落としきれない可能性が高いというデメリットがあります。

ジェルタイプは、汚れも比較的落としやすく、肌への負担も強くない、オイルとクリームの中間の洗い上がりです。

テクスチャや洗い上がりなども好みがあると思いますので、できれば皮脂が多い鼻やTゾーンはオイル、目の周りや口の周りなどシワやたるみが出やすいパーツはクリームタイプと使い分けるのが理想です。

クレンジング剤を顔全体に馴染ませたら、お肌の上で力を入れずにクルクルとマッサージしましょう。

特に、小鼻や目の周辺はメイクが残りやすい場所ですので念入りなクレンジングを行う必要がありますが、決して力を入れてはいけません。
力が入り過ぎると、お肌への負担が大きくなってしまいます。

また、この時フェイスマッサージを兼ねる方もいますが、化粧の汚れが混ざったクレンジング剤を長時間肌の上に乗せておくのはよくありません。 力を入れず、手早く行いましょう。

クレンジング剤をぬるま湯で洗い流したら、次は洗顔を行います。

洗顔

石鹸または洗顔フォームを手に取り、たっぷりと泡立てますが、泡立てネットなどを使用すると、ムラなく綺麗な泡ができ上がります。
泡がキメ細やかであるほど毛穴の奥の汚れがかきだしやすくなります。

その泡で、転がすような感覚でゆっくりと顔全体を包みます。 洗顔のコツは、手のひらではなく、泡でマッサージを行うということ。これもまた、力が入らないよう注意しましょう。

次にぬるま湯で洗顔料を洗い流しますが、42度を超える温度は極力避けて下さい。

というのは、熱過ぎるお湯は洗顔料だけでなく、肌に残しておきたい油分まで綺麗サッパリ取り去ってしまう可能性があるからです。

洗顔料を洗い流しきったら、清潔なタオルでこすらずに顔の水分を拭います。

洗い過ぎは禁物です

特に脂性肌の方の場合、肌のべたつきを気にして執拗に洗顔を行う傾向がありますが、洗顔のし過ぎは大切な肌の油分を奪い、乾燥肌を招きます。

皮脂を取りすぎる洗顔を繰り返していると肌はよけいに皮脂を分泌して、バリア機能を回復させようと頑張り始めます。

つまり、皮脂分泌が多くなる分、以前にも増してべた付きが気になる肌になるということです。 年齢を重ねると水分保持能は低下しますから、乾燥しているのにベタつく脂性乾燥肌になってしまうことも。

洗顔後に肌がひきつるような感覚になったのであれば、それは明らかに洗顔のしすぎです。

もしくは、皮脂を落としすぎるクレンジングや洗顔料を使っている証拠。 洗顔方法やアイテムの見直しを視野に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加