大人ニキビの原因とオススメスキンケア

原因は皮脂にあらず!大人ニキビになってしまう複数の原因

otona_nikibi_4

思春期でもないのに、顔のあちこちに出来るニキビ。

油ものを控えてもなかなか治らないし、治ってもすぐに出てきてしまう。

こんな大人ニキビになってしまうのは、何が原因なのでしょうか?

大人になってもニキビを繰り返し、困っているあなたに。

今回は、大人ニキビになってしまう原因について一緒に考えていきましょう。

大人ニキビの原因は皮脂過多じゃなかった

思春期のニキビは、肌が油っぽくなる「皮脂過多」によって引き起こされるものが多いと言います。

しかし、大人ニキビの原因は、皮脂が原因ではありません。 ニキビが出来てしまう最大の原因は、毛穴の出口の角質が硬くなり毛穴をふさいでしまうこと。

毛穴がふさがれると、アクネ菌が沢山繁殖してニキビになってしまうのです。

確かに皮脂が出すぎるのも、ニキビには良くない事ですが、それが直接の原因ではありません。

そのため、油を控えても、さっぱりとする洗顔フォームで顔を洗っても大人ニキビはなかなか改善されないのです。

乾燥させようとしていませんか?

大人になってもニキビが出来てしまう人は、先ほども書いたように「皮脂過多」が原因だと考えて、肌のケアをしている人が殆どです。

そのため、出来るだけ肌をベタつかせないようにと、乾燥させようとする人も多くいるはずです。 でも、大人ニキビに乾燥は大敵。むしろ乾燥をさせることでニキビを悪化させてしまっているケースも多いのです。

肌の乾燥は、角質を硬くし、汚れを出しにくい肌に変えてしまいます。

さっぱりさせようと、必要以上の洗顔を繰り返したり、保湿をせずに肌を乾燥させることは避けましょう。

大人ニキビの原因は人それぞれ

ニキビが出来てしまった時はどうしても、肌をキレイにする事に注目を置きがちになってしまいますね。 でも、大人ニキビの原因は、肌の状態が悪いせいだけではありません。

ストレスや、寝不足、メイクの落とし切りが上手くいっていない、ホルモンバランスの崩れ、自立神経の乱れなど多種多様です。

そのため、大人ニキビを繰り返す時は、肌の改善だけに注目するのではなく、体の健康に注目するようにしましょう。

食生活や、生活習慣の乱れを改善し、ホルモンバランスが崩れていないかをチェックするのも良い方法です。


大人ニキビの改善は、油っぽい肌のせいだけではなかったのですね。

生活習慣や、食生活を見直し、体を健康に保つ事でニキビがウソのように治ったという人も大勢います。

大人ニキビは、体からのSOSサインだと認識し、自分の体に優しい生活を心がけて行く事でニキビは改善されていくのかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加