乾燥肌&敏感肌でもできる大人ニキビ

カサカサなのにできる!?乾燥ニキビの改善策

otona_nikibi_3

ニキビは、オイリー肌の方だけのものだと思っている人も多いのではないでしょうか?

実は、乾燥肌の方でもニキビは出来てしまうのだそう。

油分の多い方がなるものというイメージがありますが、なぜ乾燥肌の人にも出来てしまうのでしょうか?

今回は、「乾燥肌でもできてしまうニキビの原因と改善策」についてお話しします。

乾燥しているのにニキビができるそのワケとは!?

普通のニキビのメカニズムは、毛穴に皮脂が溜まりつまってしまうことが原因で出来てしまうものですよね。

必要以上の皮脂が分泌される、いわゆる脂性肌と呼ばれる肌は、毛穴が詰まりやすくニキビに繋がる事がよくあります。

では乾燥はだの人がニキビが出来てしまうメカニズムとはどんなものなのでしょう。

乾燥肌の場合は、皮脂が少ないので毛穴が詰まる事はないように思います。 しかしそこが落とし穴です。

乾燥して、お肌の角質層が古く、硬くなると毛穴も徐々に弱く、そして小さくなっていきます。

そうなるとどうなるでしょう。普通の人ならニキビにならない程度の小さな汚れや、油分でもつまりやすく、ニキビになりやすくなってしまうのです。

乾燥した人がニキビになる原因は、油分の多い人がニキビになるのと変わらない、毛穴の詰まりが原因だったのですね。

乾燥ニキビを改善するためには?

乾燥ニキビと普通のニキビが同じ原因で作られてしまうメカニズムを知る事ができました。

では、改善するための方法も、同じで良いのでしょうか? 答えはNO。

乾燥ニキビの方には乾燥ニキビを改善するための方法があります。

まず、乾燥ニキビが出来てしまう原因は、お肌の乾燥が引き起こす毛穴力の低下です。

それを改善してあげるのが一番の近道です。 肌に潤いを与え、毛穴を元の元気な姿に戻してあげる事を一番に考えましょう。

でも、早く肌を潤わせたいからと保湿クリームをベッタリ塗るのは返ってマイナスになります。

肌は「油が来るから自分で皮脂を出さなくてもいいや」と皮脂を作る力が弱まってしまう事に繋がるからです。

一番良い方法は、多糖類やアミノ酸などの肌細胞に近い成分で出来たパックでダメージをゆっくり、じっくり直していく事がお勧めです。

同じく、肌細胞に近い成分で出来たローションなどで、毎日のケアを行うとより効果が高まります。


できる原因は同じでも、改善策は普通のニキビと全く違う事がお解かりいただけたと思います。

乾燥し、痛んでしまった肌を肌に近い成分のパックやローションでいたわり、ニキビのないきれいな肌を目指していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加