乾燥から肌を守る方法

肌の乾燥を防ぐために、直しておきたい生活習慣

aging_2

寒い時期に気になってしまうのは、肌の乾燥です。

毎日ケアをしっかりしているつもりでも、外に出たらもうパリパリ!

なんていう人も多いのではないでしょうか? 実はそのお肌の乾燥。

実は毎日の生活習慣に原因があるようですよ! 今回は、肌の乾燥を防ぐために、直しておきたい生活習慣についてお話しします。

睡眠不足はお肌の敵!

aging_2_2

睡眠不足が、肌に良くない影響を与える事は多くの人が知っている事実です。

睡眠不足は、肌荒れだけでなく、肌の乾燥にも悪影響を与えてしまうのだそう。

肌がきれいに保たれるのは、ターンオーバーが繰り返され、肌を健やかに保とうとする働きがあってこそです。

でも、睡眠不足になり、成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまうと、上手くターンオーバーが出来ず、肌荒れが起きはじめます。

ターンオーバーは、水分を保つ役割も担ってくれているため、睡眠不足が続くと乾燥肌になってしまうのです。

毎日の生活リズムを整え、寝る前のパソコンや、携帯を控えるだけでも深い睡眠を取る事ができるようになります。

お部屋の空気乾いていませんか?

aging_2_3

肌が健康であれば、乾燥した空気にさらされても、肌がそれほど乾燥するわけでもなく、一時的に乾燥肌になってもすぐに戻っていくもの。

でも、スキンケアを間違っていたり、生活習慣乱れや、睡眠不足が続くと肌の角質層は水分を失って行きます。 そして、もろくはがれやすくなってしまうのです。

お肌が水分をためて置く力が低下し肌が乾燥している時は、自分の肌をなるべく乾燥している状態のところにおかないことがベストです。

そのため、自分の部屋の乾燥具合も常に気にしておくと良いでしょう。

肌の乾燥が気になり始めたら、加湿器を置くなどの対策が必要です。

加湿器が無いお家であれば、濡れたタオルを1枚か2枚かけておくだけでも部屋の湿度は上がります。

洗顔方法間違っていませんか?

さっぱりするからと、熱いお湯で洗顔している人がいます。

しかし、熱いお湯で洗顔をしてしまうとは、肌に必要な油分までを洗い落とす事になり洗った後、パリパリの乾燥肌になってしまうのです。

また、洗った気がしないからと力を入れてゴシゴシ洗ってしまう人もいます。 これもお肌には良くない事。

肌を力強く擦る事は、自ら肌の角質をそぎ落としているのも同じ事なのです。

洗顔は、よくあわ立てた洗顔フォームを優しくつけマッサージするようにくるくる洗うだけでも十分キレイになります。

洗い流す時は、肌に優しいぬるま湯で行いましょう。


いかがでしたか? 今回は、肌の乾燥を防ぐために、直しておきたい生活習慣についてお話ししました。

乾燥肌が気になり始めたら、まずはこの3つに気をつけて1週間過ごしてみてください!

きっと少しずつ肌がプラスに改善されていくのがわかるはずです。 ウルウルな美肌を目指し、まずは貴女の生活習慣見直してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加