スキンケアの基本!正しい洗顔方法

美肌に近づく正しい洗顔方法3つの極意

skin_5

皆さん!洗顔は毎日行う日課ですよね。

この洗顔をほんの少し気をつけるだけで、今よりもずっと美肌に近づけてしまうってしっていましたか?

スキンケアの基本でもある毎日の洗顔。
どうせなら正しく行いキレイな肌を作っていきたいですね。

今回は、美肌に近づく正しい洗顔方法3つの極意についてお話しします。

1・洗顔は一日2回までに留める

意外にこの事を知らず、さっぱりしたいから、ニキビを直したいと一日に何度も洗顔をしてしまう人がいるようです。
でもそれは、お肌にとってはマイナスです。

肌には、水分を保ったり、外からの刺激や、異物が入ってくるのを防いでくれるバリアの機能もあります。

お肌の表面を被っている皮脂膜と、その下にあるセラミドがその役割を担ってくれているのです。

でも、洗顔をしすぎると、肌に必要な皮脂や、潤いを保つセラミドを洗い流し、乾燥肌へと繋がって行きます。

また、乾燥肌になるとバリア機能も低下し、少しの刺激で肌荒れになってしまうという悪循環が始まります。朝と、夜1日2回の洗顔に留め、気になる時は油とり紙などでケアするほうが良いでしょう。

2・しっかりあわ立て優しく洗顔

skin_5_2

しっかりあわ立て、優しく洗顔をしましょうと良く言われる事ですが、できている人は本当に少ないと言われています。

お顔の肌は本当にデリケート。指の摩擦でも痛めてしまう事があるのだそうです。

そのため、泡はモコモコにしっかりとあわ立ててから使うのが良いとされます。

手の上であわ立てるのではなく、あわ立てネットなどを購入し、肌と指が直接触れ合わない程度まであわ立てるのがポイントです。
また、洗う時は、本当になでるように優しく優しくを心がけましょう。

皮膚の表面は、0・07~0・2ミリとコットンでも傷が付いてしまうような薄さです。

これを力強く擦ったら・・どうなるか想像できるはずです。

3・ぬるま湯ですすぎ、シャワーは使わない

洗い流す時の温度、よく「ぬるま湯で」とかかれていますね。

実際適した温度は、32度。ぬるま湯よりも、少し低い程度が適温とされています。

私たちの肌の温度が36度前後ですので、32度という温度はお水よりも少し暖かい程度に感じるくらいの温度なのです。

また、お風呂場で洗顔を済ませてしまう人は、シャワーを使ってしまう人が多いようですが、それも肌には良くありません。
お風呂の暖かさで、柔らかくなった肌にシャワーの刺激は強すぎてしまうのだそう。

また、シャワーの温度は適温といわれる32度には程遠く、肌には熱すぎです。

そのため、肌の乾燥を引き起こす原因に繋がります。


 いかがでしたか? 今回は、美肌に近づく正しい洗顔方法3つの極意についてお話ししました。

たかが洗顔。されど洗顔です。 毎日欠かさず行う事ですから、洗顔に少しだけ注意をするだけで肌は見違えるようにきれいになります。

正しい洗顔方法を覚え、周りの友達に肌のキレイさで差をつけちゃいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加