乾燥肌?脂性?自分の肌質を知ろう

自分にあった肌質ケア対策

skin_4

肌には大きくわけて4種類の肌質があります。

自分の肌質にあったスキンケア方法を取らないと、なかなか症状が改善しないこともあります。

今回は、肌質を知り、自分にあったスキンケア対策とは何かを学んでいきましょう。

あなたは何肌?肌質4種類を見ていこう

普通肌

お肌の水分量と皮脂量がちょうど良く、理想的な肌

乾燥肌

skin_4_2

口周り、目周りが特に乾燥しやすく、粉を吹く人も。 皮脂の分泌が少なく水分が乾燥しやすい状態です。

乾燥が進むと敏感肌になる事もあり、色々な刺激に対し敏感に反応。 ニキビや、肌荒れを起こしやすくなります。

乾燥肌のスキンケア対策

乾燥肌の人は、皮脂だけでなく水分量も足りていない状態なので、水分と油分のバランスを整え増やしていく事を意識すると良いです。

保湿効果の高い化粧品を使い、常に保湿、保湿!と言い聞かせケアしましょう。 また、偏った生活習慣、エアコンのつけすぎも乾燥肌に繋がりますので気をつけるのも大切です。

混合肌

skin_4_4

Tゾーンや、おでこはベタつくのに、口元は何故かカサカサ。
こんな症状がある人は混合肌です。

顔の部分、部分で肌質が異なるため、1つのケアではなかなか補えない事も多いでしょう。

そのためニキビ改善や、肌荒れ改善が上手くいかず直りにくい傾向があります。

混合肌のスキンケア対策

混合肌の人は、皮脂が多いので、クリームや、保湿乳液をつける事に抵抗がある人もいるかもしれません。

しかし、保湿乳液は顔に浸透した化粧水を閉じ込める役割があるのです。

水分と油分のバランスを整えるためにも、顔全体に同じケアを行います。

その後で乾燥が気になる部分プラスでケアするイメージで取り組むと上手く行きますよ!

脂性肌

skin_4_3

思春期に多い肌質ですが、常に顔全体がベタ付いている状態です。

皮脂の分泌が多く、毛穴を詰まらせニキビが 出来やすくなります。

脂性肌のスキンケア対策

脂性の人は、ベタベタしている顔を何とかしようと、洗顔を何回も行ったり、さっぱりとするような化粧水で油を取り去ろうと必死になってしまいますね。

でも、やりすぎは逆効果!肌は油がなくなると「出さなくては!」といつもよりも多めに皮脂を分泌しようとし始めます。

多く皮脂を出さないためにも、水分や、油分を肌に適度に補給する事を心がけましょう。 脂性肌の人も、洗顔後の保湿ケアはしっかりと!です。


 

いかがでしたか? 色々な肌質がありますが、1にも、2にもまずは「保湿」が肌には大切なのです。

どんな肌しつでも、洗顔をし、保湿をする。この二つを行えば肌荒れの改善はきっと見えてくるはず!

毎日のケアを欠かさずに、キレイな肌を目指していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加